読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

町田×本屋×大学

町田マルイ6階のブックカフェ「solid & liquid MACHIDA」で開催しているイベント。都心ではなく「町田」で、インターネットではなく「本屋」で、小田急線や横浜線沿いの「大学」を横断して、出版文化を応援していく試み。

町田×本屋×大学「本の売り方を楽しむ:出版の面白さ、書棚の見せ方、書評の楽しみ方」

f:id:machidahonyadaigaku:20151109195300j:plain

町田×本屋×大学

第5回 「本の売り方を楽しむ:出版の面白さ、書棚の見せ方、書評の楽しみ方」のお知らせ

 「町田×本屋×大学」は町田マルイ6階のブックカフェ「solid & liquid MACHIDA」にて、町田近辺の大学をネットワークにしながら地域住民や通勤買物客、大学生や高校生を対象にトークショーやブックフェアなどを開催するイベントです。都心ではなく「町田」で、インターネットではなく「本屋」で、小田急線や横浜線沿いの「大学」を横断しながら、出版文化を応援するのが目的です。

 第5回は「本の売り方を楽しむ:出版の面白さ、書棚の見せ方、書評の楽しみ方」がテーマです。通常、「読者」は「本」が「本屋」に並んでいる部分のみを知っていますが、その前には本が生まれる「上流」としての「出版」があり、本が出版された後には「批評」「書評」という「評価」が与えられる「下流」があります。それぞれの段階で本の魅力をいかに読者に伝えていくのかという工夫が存在し、相互の連携が出版文化を支えてもいます。さらに近年では、この一連の流れに新しい動きもみられるようになっています。今回は、本が生まれる上流から、書店にならぶ中流、そして評価が与えられる下流までの流れとその中での工夫を可視化することで、「本」「本屋」と読者の付き合い方のイメージを豊かなものにしていくことが狙いです。

 そこで今回の町田×本屋×大学では、本の出版から流通に関わる次の三者をお招きします。まず、新しい著者を積極的に世に送り出している出版社の共和国(http://www.ed-republica.com/)の下平尾直さんです。「共和国」は2014年4月に創業した個性的な独立系出版社です。次に、本屋で平台・書棚に工夫を凝らして本を配架する書店員の大矢靖之さん(紀伊國屋書店https://www.kinokuniya.co.jp/)です。紀伊國屋書店では今年、新しいタイプのブックフェア(例:「社会のブックガイド――ルーマンから始める書棚散策」)を行い、その試みが注目されています。そして本の魅力を最大限引き出す「書評」の専門誌「図書新聞」(http://www.toshoshimbun.com/books_newspaper/)の須藤巧さんです。図書新聞では若手の研究者にも積極的に書評の依頼を行い、勢いのある紙面づくりに挑戦されています。

 聞き手は社会学の研究者にして、書評専門誌「図書新聞」にて書評を多数執筆している清原悠および、デザイン史とメディア論が専門の加島卓が務めます。このセッションでは、本の「作り手」「売り手」の視点や工夫を知ることによって本との付き合い方を豊かにしていければと思います。高校生からお勤めの方まで、書店にご関心のある方ならどなたでも歓迎しますので、是非お越しください。

 

※参考サイト

・じんぶんや「社会のブックガイド――ルーマンからはじめる書棚散策」https://www.kinokuniya.co.jp/c/20150314095611.html

http://socio-logic.jp/events/201504_bookfair.php

図書新聞での書評

大矢靖之(紀伊國屋書店新宿本店)  http://toshoshimbun.jp/books_newspaper/search.php?free_word=%E5%A4%A7%E7%9F%A2%E9%9D%96%E4%B9%8B&dokusya_search_button=%E6%A4%9C%E7%B4%A2

清原悠 http://www1.e-hon.ne.jp/content/toshoshimbun_3207_3-1.html

 

第5回 本の売り方を楽しむ:出版の面白さ、書棚の見せ方、書評の楽しみ方

■日時:11月27日(金)19時~21時

■場所:solid & liquid MACHIDA カフェスペース(町田マルイ6階、小田急町田駅徒歩2分、JR横浜線町田駅徒歩1分)

■料金:一般:1500円 / 学生:1000円(いずれもワンドリンク付き)

■登壇者

・下平尾直(共和国・代表取締役

・大矢靖之(紀伊國屋書店新宿本店) 

・須藤巧(図書新聞・取締役兼編集長)

■聞き手

・清原悠(東京大学大学院博士課程/社会学

・加島卓(東海大学文学部広報メディア学科准教授/メディア論・社会学・デザイン史)

■参加方法:メールまたはsolid & liquid MACHIDA 店頭でご予約ください。メールの場合は(1)お名前、(2)一般/学生の区別、(3)お電話番号、(4)「11月27日の「町田×本屋×大学」に参加希望」とお書きの上、sr.machida.event@gmail.com までお送り下さい。頂いた個人情報はこのイベント以外には使いません。また先着での受付になります。定員(最大60名)になり次第、締め切らせて頂きます。

■お問い合わせ:042-785-4951(solid & liquid MACHIDA)

■URL:http://machidahonyadaigaku.hatenablog.com/

 

「町田×本屋×大学」では持込企画を歓迎しますので、ご相談ください。